前へ
次へ

親目線ではなく、子供目線での教育を意識する

子供が小学校に通い出すと、必然的に子供の教育に携わる時間が増えます。
特に生活に関することよりも勉強に関することが増えてきます。
小学生に勉強を教えることは簡単なように見えてとても難しいです。
学ぶ内容としては、親の立場の人間からすると特に難しいものではありません。
誰でも簡単に答えることができるようなものです。
ただ、それを教えるとなると一気に難しくなります。
親という立場の人間は、知識面も経験も子供よりも豊富です。
それゆえ、子供が解く問題を簡単と認識してしまいます。
しかしながら、小学生からすると初めて学ぶ事柄であり、時間がかかって当然なのです。
つまり、子供が問題を解くときに悩んだ場合、親目線で指導するのではなく、初めて学ぶときのことを思い出して、子供目線で教えることがポイントです。
もちろん、何回も同じミスをするようなことがあれば強く指導する必要もありますが、小学生の教育においては勉強の楽しさを教えることが大事です。
子供目線ということを頭に入れておくことがポイントです。

Page Top