前へ
次へ

子供の教育ではやる気が一番効率的

言われる前に宿題を終わらせるつもりが、「宿題は終わったのか」「早くやりなさい」などの大人の声により、突如としてやる気を失う経験は、大人ならば誰にでもあったはず、これが繰り返されることで、宿題をやらない子になる可能性はないでしょうか。
子供は子供、「私のために言ってくれている」と思える人間性はまだ身につけてはいません。
自分から「やろう」と思ったのと「やりなさい」とやらされるのでは、やる気の出方も違いますし、結果さえ変わってくるでしょう。
どの道、宿題は自学ではないため、やらなければならないことです。
できるだけ好きになって、やる気を出して取り組ませることが子供のためです。
やる気ある子供というのは、早くから準備をし、席取りでは教育者から見える一番前の真ん中の席に座り、話しを熱心に聞き、質問の時間には率先して質問をするようです。
そして結果に繋がるのは、授業や勉強が終わっても、教育者をつかまえ、納得いくまで質問や間違いを教えてもらう、そうした子供に育てあげるのが今の教育方針です。

Page Top